このサイトはアフィリエイト広告・Googleアドセンス広告を掲載しています
CATEGORY

ピアノコードひいてみよう

和音博士最終章:激濃味攻略チュートリアル編

いよいよ和音博士のチュートリアルも最終章。今回は残っていた激濃味編です。これまでお疲れさまでした。もちろん、とりあえずの説明(解説)が終わるだけで、今後も折に触れてこのブログに和音博士は登場すると思いますが、一旦区切りをつける形にしたいと思います。今回はチュートリアルをみていきます。 この記事でわかること 激濃味の中身は? チュートリアルの進行 今回追加のコードたち こちらになります 参考までにぼ […]

伝統的なコード表記のメリットがわかりました

さんざんわかりにくいと文句をつけてきた、伝統的なコード表記ですがそのメリットがわかりました。とあるレクチャー動画を見たからなんですが、なるほど!と合点がいきました。どういう場面でそれが生きるのか。この記事ではアルファベット(と記号)を使った伝統的なコード表記およびその考え方が活用できるシチュエーションとその理由について、考えてみたいと思います。そしてポピュラーソングを右手でメロディ、左手でコードを […]

ひいて学べるコードを思案中(プロローグ)

ひけるピアノコードの記事。自分でも意外なほど多くの方に読んでいただいて、ありがとうございます。ぼくとしては歌本などでじぶんの好きな曲をひいてみるのが一番みにつくしなにより楽しいと考えています。ただそうは言っても、いきなり複雑な曲にチャレンジするのはまだハードルが高いところがあるかもしれません。楽曲の理解も必要ですし。中間にちょっとしたステップがあるといいですね。これはなによりコードをおぼえたての自 […]

ぼくが「和音博士」でわかったこと

この記事をお読みの方で、すでに和音博士でコードを学び始めているひとも、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。そういう方はめっちゃ幸運です。ある時、「曲ってなるほどこういう仕組みでできているんだ〜」、と深く納得できる時が訪れるからです。いままさに自分がその状態()。たぶん「和音博士」なしでは一生この状態にはならなかったと思うので、窪田さんをはじめ製作者の皆さまには感謝してもしきれません。この記事で […]

コードプログレッションつくってみました

もともとはLo-fi Hiphopのコード進行を調べていてチュートリアルにあったものです。ただ、よくある進行ですよね()。ちょっとおしゃれに装飾されているので、どうなっているのか和音博士を使って解説したいと思います。アプリをお持ちの方はタップしてみてください。 この記事でわかること とりあえずリールにあげました 動画でごらんください コードの作り方のルール いつもどおりfからfの範囲の4和音を基本 […]

オーギュメントコード+ブラックアダーコード(和音博士解説・音源あり)

この記事では和音博士に登場するオーギュメントコードについて解説します。やっとここまで来ましたね。今回でセカンダリードミナントの代理コードは最終回になります。のちほどオーギュメントコードの形を鍵盤図で見ていただきますが、これまでどおり対応するセカンダリードミナントと行き先が一致します。音も聞いてみて下さい。(今回は前回のテンションにくらべるとだいぶ分かりやすいとおもいます()。なお、「裏コード」と同 […]

テンションノートのコンセプトを譜面にしてみました

前回記事は説明が言葉中心になってしまいました。譜面の方がわかりやすい方もいらっしゃるかもしれないですね。自分の考えをまとめるために、Notion Mobileで譜面を作成してみました。どうぞご覧ください。それなりにわかりやすく作れたと思います。 この記事でわかること コードネーム・テンションノートの仕組み 音も聞けます テンションノートを譜面化しました さっそくですが、譜面をご覧ください。 ポイン […]

シンプルなテンションノートの考え方

最近インスタグラムの動画でも素敵なコード進行をたくさん教えていただきます。そんなときコードについている数字気になりませんか?今回はテンションノートの考え方についておさらいしてみたいと思います。以前の説明では分かり易さを優先したところもありましたので、今回はよりくわしく数字そのものについても分かりやすく解説してみたいと思います。 この記事でわかること ・テンションノートのしくみ ・素敵な参考動画 テ […]

37鍵盤対応両手でひくダイアトニックコード5度進行全12keyチェック用

普段の毎日のコードはdrm順でひいていただいています。手が覚えている部分があるのか、たまに違う順番にすると新鮮。全然ひけなかったりします()。順番を変えてチェックしてみるのはいいと思います。今回は五度進行。ダイアトニックコードを一通りマスターされた方のために両手でひくタイプで作ってみました。要点だけまとめましたので右手はメロディとしてシンプルにコードのルートをひきます。 この記事でわかること いつ […]

初心者必見!ピアノ4和音の指の押さえ方

ピアノの4和音を左手で手元を見ずにひけるようになることは、コード譜でポピュラーソングを演奏することを考えた場合、マスターしたほうがラクな演奏技術です。できるようになると音階や鍵盤の仕組みについても非常に理解が深まりますので(もちろん音感も良くなります)、ピアノ演奏を趣味で楽しむかたにとっても取り組むに値するスキルではないか?と感じています。ぼく自身もこの方法で初めてコードが理解できたので、「やって […]

>みつるの音感がよくなるブログ

みつるの音感がよくなるブログ

そのひとなりの楽しみが味わえること以上に大切なことはありません。音楽だってプロではないアマチュアなりの楽しみ方があっていいはず。ピアノだって誰もが演奏家を目指さなくてももっと楽しくひけるはず。このブログも作曲も全ては自分の楽しみのためにやっていることです。でも自分が楽しんでいないことはきっと相手にも伝わらない。僕の見つけたちょっとしたコツや知識がみなさんの楽しみにつながることを心から願っています。

CTR IMG
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Google広告を表示させてください(Ads Blocker Detected!!!)

情報は無料ですがサイトの維持費を広告でねん出しています。
みなさまのご協力をお願いします

We have detected that you are using extensions to block ads.
Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
100% Free SEO Tools - Tool Kits PRO